NPO法人の福利厚生

NPO法人求人 >> NPO法人の求人探し >> NPO法人の福利厚生

NPO法人の福利厚生

NPO法人への転職を考えている方は、待遇や福利厚生などが気になる方が多いでしょう。NPO法人に限らず、これらは転職するうえで非常に重要になりますので事前にしっかり確認しておかなければいけません。福利厚生は、同じNPO法人の求人でも場所によって異なります。自分が何を重視するのか、たとえば女性であれば出産や育児休暇の有無など、確認しておくと安心です。

ただNPO法人は利益の再分配がないため、給料や福利厚生などは関係ないのでは?と思われがちですが、人件費としての給料は出ますし福利厚生もあります。ただ一般企業と異なるのは、給料が低い・福利厚生が少ないという点です。NPO法人の非営利というのは、あくまで役員や出資者に利益を配分しないという意味で、利益は売り上げから人件費や光熱費などを引いた残りの金額を指します。そのため、少なからず給料がゼロということはありません。ただ先にも述べたように、給料は低く平均年収は350万円程度です。それでもNPO法人の規模が大きくなると給料は高くなると言われています。それでもきちんと給料は出ますので安心してください。あくまで”役員や出資者に利益は配当しない”というだけです。

肝心の福利厚生は、ほとんどないといっても過言ではありません。交通費ですら手当が出ないと言われていますから、期待しないほうが良いでしょう。まったくないというわけではありませんが、一般の企業のように待遇や福利厚生などは期待できません。

このように、NPO法人はあくまで非営利目的で活動する団体ですから、給料や福利厚生などを重視する方には厳しいかもしれません。またNPO法人で働く場合、本業での稼ぎが重要と言われていますから、安心して働くには本業での収益もしっかり上げる必要があるでしょう。一見するとデメリットと思われがちなNPO法人ですが、働くメリットは存在します。それは、働いている目的が明確であること、厳しさとしっかり向き合うことができる、人の動きを直接感じることができることです。NPO法人は、”社会的な課題を解決するために活動”しています。何のために働いているのか明確になることは仕事に対してやりがいを感じやすいでしょう。また社会的な課題を解決するのも決して容易ではありませんから、それを達成する喜びも感じやすいといえます。

あまりメジャーな職種ではありませんが、社会に貢献したい人はぜひNPO法人の求人に応募してみてください。

稀少と言われるNPO法人の求人を転職サイトで探そう!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア
リクルートエージェント 無料 全国





Copyright (C) 2014-2019 NPO法人求人ガイド【※好条件で採用される秘訣】 All Rights Reserved.