NPO法人の募集時期

NPO法人求人 >> NPO法人の求人探し >> NPO法人の募集時期

NPO法人の募集時期

NPO法人の求人になかなか巡り会うことが出来ないと思っている方は多いと思います。興味や関心があったり、転職を決めている方がいざ転職活動を始めてみても、なかなかに見つけることが出来ない状況にある場合には、基本的にはNPO法人の求人が出る時期を逸した転職活動をしている可能性が高いのです。これは一般的な企業への転職活動の際も、求人を見つけたり、採用されやすくするための重要なポイントとなってくるものなのです。

しかしながら、NPO法人はご存知の通り、一般企業とはまったく違います。一般企業のように新卒者を毎年のように一定人数募集をかけ、大量採用してといった方法は取っていないことが多いのです。一般企業ではありませんから、基本的にはボランティア人員は随時募集している状況です。給与が発生するような求人の場合には、欠員というものが出た場合に出されることが多いですから、具体的にどの時期が一番多いということは明確化出来ないんですね。

ただしNPO法人は、毎年度経費というものを算出しているものなのです。その中で次年度の予算というものを決定します。そこに人件費も当然に入ってきますから、その予算の程度によって、募集人員数が変わってきます。つまりは、決算が終わり予算編成が済んだ時期であれば、一定数の求人が見込めるという方程式が成り立つのです。NPOには作成を義務付けられている計算書類があります。それが終わるのが、活動年度の終了日から3ヶ月以内となっているため、この時期が転職活動に最も適した時期だと言えるでしょう。

また繁忙期を狙うという方法もあります。NPO法人の多くは、一般企業と同じく3月に決算期を設けていることが多いため、特に事務職であれば、3月やそれ以前の2月などに募集が見られます。他にも年末調整などがある12月の時期やその前月である11月、法定調書の提出が義務付けられている1月の前後、更に確定申告がある2月から3月に掛けての求人増加が見込まれます。

このようなタイミングで転職活動をすれば、求人数をある程度見込むことは出来ますし、入職の確率も高いといえるでしょう。より詳細なタイミングを測るには、転職エージェントを利用しましょう。それぞれの業界や職種において、ベストなタイミングで転職活動を行うことが出来ますし、当然、入職の確率もあげることが可能なのです。特にNPO法人のような一般企業とは違った求人タイミングの転職先はより詳細な情報収集が必要なのです。

稀少と言われるNPO法人の求人を転職サイトで探そう!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア
マイナビエージェント 無料 全国




Copyright (C) 2014-2018 NPO法人求人ガイド【※好条件で採用される秘訣】 All Rights Reserved.