NPO法人のやりがい

NPO法人求人 >> NPO法人の求人探し >> NPO法人のやりがい

NPO法人のやりがい

NPO法人はどんなことにやりがいを感じるのでしょうか?ひと口にNPO法人といっても、団体によって特色は異なります。そんなNPO法人で働いている人が共通しているのが”社会への貢献”です。社会や地域に貢献し、より良い社会を目指す。それがNPO法人で働いている人がもっとも多く感じているやりがいになります。また、”世代を超えた人との出会い”や”地域と繋がりがある”ことも、やりがいのひとつでしょう。

しかしこれからNPO法人で働こうと考えている方は、ただ”社会貢献がしたい”だけではなかなか上手くいきません。実際、NPO法人で働きたいと応募したものの、いざ働いてみると”思っていなイメージと違う”となる人が多いといいます。短期間でNPO法人を去ってしまう人がいるのも事実です。ですから、ただ社会貢献したいという気持ちだけで務まる仕事ではないことをきちんと理解しなければいけません。

NPO法人は非営利団体ですが、だからといって一切利益がないわけではないことはご存知でしょう。非営利団体と聞くと、利益を出さずに活動する団体というイメージが強いですが、そもそも非営利というのは利益を出してはいけないという意味ではありません。ここを間違えてしまうと、”なぜNPO法人で働いているのか”と疑問を感じるようになってしまいます。NPO法人の利益というのは株主に配分します。そのため、働いている人たちは出た利益を配分し、余ったお金が給料となるのです。何もタダで働いているわけではありません。ですから、有給スタッフとして働いている方も多くいることを理解し、NPO法人の求人に応募する必要があります。

”とにかく稼ぎたい”という方には、NPO法人ではやりがいを感じにくいかもしれません。しかしNPO法人というものをきちんと理解したうえで働いていると、やりがいを感じやすくなるでしょう。

ちなみに社会貢献以外では、”責任のある仕事””社会への思いや問題意識を持っている人と仕事ができる””自身の知識や経験を活かせる”などが挙げられます。例外では”業務時間や求人が設定しやすい”というのもあります。一方で大変だと感じることは、”さまざまな職務や事業を担うため能力が問われる””資金や時間が限られており、そのなかで社会的成果を上げなければいけない””仕事量が多く、労働時間が長い”などになります。非常にやりがいを感じやすい反面、強い責任感が問われるため大変と感じる方も少なくないようです。

稀少と言われるNPO法人の求人を転職サイトで探そう!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア
マイナビエージェント 無料 全国




Copyright (C) 2014-2018 NPO法人求人ガイド【※好条件で採用される秘訣】 All Rights Reserved.