NPO法人の履歴書の書き方

NPO法人求人 >> NPO法人の求人探し >> NPO法人の履歴書の書き方

NPO法人の履歴書の書き方

NPO法人に転職を希望しているのであれば、履歴書の書き方にも留意しましょう。面接対策ばかりに力を注ぎ、履歴書はあまり力を入れていない転職希望者をよく見かけますが、履歴書も採用を左右する重要な要素になってきます、まず面接は履歴書の情報を元にして面接が行われるということを覚えておきましょう。つまり履歴書を適当に書いたとすれば、いくら面接時に良質なアクションを起こせたとしても、履歴書との間に矛盾を感じさせてしまうと、残念ながら不採用になるケースが多いのです。

一般的な企業と同様に履歴書作成で注意すべきことは一緒になりますが、株式会社などの一般の民間企業の場合、転職希望先の敬称は貴社という名称になりますが、NPO法人の場合には貴法人という書き方になりますから、注意をしましょう。志望動機などに貴社の活動に大きな興味を示しましたなどと書かないようにしたいところですね。手書きならば黒のボールペンや万年筆を使うことがスタンダードです。

近年では消えるボールペンなどが販売されており、便利さを感じている方も多いのですが、これはよくありません。証書類には使ってはいけないというルールが社会人としてのモラルですから、それが判明した時点で社会人としてのモラルに欠ける人材と判断されてしまうことにもなりかねないのです。上記に紹介したものは、NPO法人でなくても、一般的な転職活動における基本中の基本ですから、しっかりと頭に入れておくことが大事です。

履歴書を記入する際に注意をしたいのは、希望しているNPO法人が求めている人材をしっかりと把握した上で、それにマッチングしていると思わせるような履歴書作成をするということです。つまりは事前に希望しているNPO法人の活動などをしっかりとリサーチしておく必要があるということです。一般的な民間企業よりも、NPO法人の場合には、活動に対しての理解や方向性が一致していることを求めますから、確実にリサーチをしておきましょう。

情報のリサーチといっても、個人レベルでは限界があります。また同じような活動をしているNPO法人も存在し、他法人ではなくどうしてその法人を選択したのかも履歴書上で明確化することが好ましいのです。となれば、より情報量が多く、職場環境の状況までをも把握している転職エージェントを上手に利用していくのがベストと言えるでしょう。他にも具体的な志望動機の書き方の指導も行なってもらえますから便利です。

稀少と言われるNPO法人の求人を転職サイトで探そう!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア
リクルートエージェント 無料 全国





Copyright (C) 2014-2019 NPO法人求人ガイド【※好条件で採用される秘訣】 All Rights Reserved.