NPO法人の自己PR

NPO法人求人 >> NPO法人の求人探し >> NPO法人の自己PR

NPO法人の自己PR

NPO法人への転職を考えている場合、志望動機と共に重要になってくるのが、自己PRになります。ただNPO法人と言っても、その特定活動の種類は多岐に渡りますから、このような自己PRを行えば、確実に評価が高まるというものはありません。やはりその特定活動にマッチングした自己PRを行なっていかないと、不採用とされる確率が非常に高くなります。つまり特定の職種別に行うべき自己PRは違ってくるということです。

それではNPO法人の中でも、多い職種を紹介していきましょう。NPO法人の中で社会保険と社会福祉関連の職種が非常に多くなっています。より詳細に職種を紹介すると、介護補助者、福祉施設介護員、看護補助者といったものになります。事務関連の職種も多く見られていますね。ですからこういった職種がNPO法人への転職のためには、非常に有利になるものですし、それぞれに適した自己PRが大事になってくるのです。福祉関連専門の転職エージェントに登録するのも良いですが、やはり総合系の転職エージェントに登録をし、転職活動をした方が、より多くのNPO法人に転職出来る確率が上がるでしょう。

NPOの仕事で重要なのは、何でしょうか?それぞれの分野に分かれてはいるものの、基本的には専門的な知識というものが必要な世界なのです。NPO法人が求めている豊富で専門性の高い知識を有している転職希望者は、あまり多くはありません。もちろん採用側も最初からパーフェクトな人材を求めてはいないのです。しかしながら、知識を有していなくても、そのベースになっている考え方というのは非常に大事なのです。

この考え方が希望をしているNPO法人とマッチングしているかどうかが重要なのです。そこを自己PRの部分でしっかりとアピールしていくことが採用されるコツなのです。一つの問題に対して、どのような視点を持って、どのように考えているのかが重要になってくるのです。政策提言といったものや、啓発活動なんてものをするのがNPO法人の活動の中心ですから、NPO法人とこの視点がマッチしているのかどうかはとても大事なことなのです。

ここまでをみてもらえれば、予測がつくと思いますが、基本的には転職先であるそれぞれのNPO法人の情報収集が採用されるためには、確実にやっておくべきことといえるでしょう。個人レベルでの情報収集では、やはり限界があります。そこで利用したいのが、リクルートエージェントなどの転職エージェントの存在です。情報は豊富に存在していますし、良質な自己PRの仕方ももちろん指導してもらえますからね。

稀少と言われるNPO法人の求人を転職サイトで探そう!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア
リクルートエージェント 無料 全国





Copyright (C) 2014-2019 NPO法人求人ガイド【※好条件で採用される秘訣】 All Rights Reserved.