NPO法人の志望動機

NPO法人求人 >> NPO法人の求人探し >> NPO法人の志望動機

NPO法人の志望動機

NPO法人への転職を成功させたいのであれば、転職活動が大事であり、その上で志望動機が重要視されることになるでしょう。一般的な転職先もそうなのですが、それぞれの団体や希望職種によって、好まれる志望動機は変わってきますから、一概にこれを言っておけば間違いないということは言い切れません。ただし多くのNPO団体には、共通意識というものもありますから、ある程度に対策を講じることは可能なのです。

好まれる志望動機を作成するためには、やはり過去に何かしらのボランティア経験などがないと、説得力がないと思われるケースが多いといえるのです。志望動機はストーリー仕立てで作成するのがセオリーであり、面接官も納得するケースが多い。その上でそこには一貫性がなければお話になりません。面接では、志望動機は?という直接的な質問はしません。

例えば、同じような活動を行なっているNPO団体もありますが、どうしてウチを選んだのでしょうか?といったようなもの。この社会において成し遂げたいと思っていることはありますか?といったような質問にされるのです。一見違ったことを問うているような気がするものの、その真意は同じ志望動機を問うものなのです。1つ目の質問と2つ目の質問に一貫性がない場合には、信頼度が低いと判断され採用されることは難しくなるでしょう。履歴書などの書類審査では、志望動機は一つだけですから安心ですが、面接の場合には、注意をする必要があるのです。

また前述にもある通り、NPOでのアルバイト経験やボランティア経験といったものがない場合には、NPO活動に対してのやる気など、信頼性が低いと判断されることになります。社会人経験があまりに少ない状況もあまりよろしくありませんね。労働経験もまともにない方がNPOなどの非営利行動について高い理解を示しているといっても、あまり説得力がないのです。それなりの社会人経験は必要だと言えるでしょうね。

簡単に言ってしまうとNPO法人の志望動機は、これまでの職歴やボランティア活動などから、NPO法人に志望したという現在の状況に整合性が見られるのかどうかが重要になってくるのです。なんとなく興味があってとか、ある程度に給与が貰えるし、一般的な仕事のように高い成果やノルマが課せられることはなさそうだからといった考えで応募してくる人材も多いということなのです。高い志のもとに行動をしてもらえる方が必要とされていますから、志望動機をしっかり考えましょう。

稀少と言われるNPO法人の求人を転職サイトで探そう!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア
リクルートエージェント 無料 全国





Copyright (C) 2014-2019 NPO法人求人ガイド【※好条件で採用される秘訣】 All Rights Reserved.