NPO法人の中途採用

NPO法人求人 >> NPO法人の求人探し >> NPO法人の中途採用

NPO法人の中途採用

NPO法人への転職を考えた場合、ほとんどの方は中途採用というスタイルで入職していることが多いでしょう。まず中途採用の場合には、それまでの職歴を始めとした「何をしてきたか」という部分が重要になってきます。専門性の高い活動をしていくことが多いため、それぞれの分野でのプロフェッショナルが求められていることが多いのです。その上で高い成果を出しても、それが給与となって自分の利益になるわけではなく、社会に還元されるということなのです。

希望するNPOがまずどういった目的でどのような活動をしているのかをリサーチします。その上で、これまでの自分の職歴やアルバイト経験、ボランティアの参加など、それを行なってきたことが、そのNPO法人に志望することになった志望動機にいかに結びついているのかをアピールしていくことが、採用を引き寄せるコツになってくるのです。自分のキャリアがそのNPO法人に入職するために一貫性を持っているのかどうかが中途採用されるためのコツです。

しかしながら、その一方で職歴でいくら輝かしい結果を残していても、希望するNPO法人の方向性と違っていると思われた場合には、中途採用されることは難しいのです。目的の共通性とそのためにどういった考えを持ち、どのような行動を起こすのか。NPO法人の場合には、その法人によっての考え方の違いが明確ですし、同じようなジャンルのNPO法人でも、そのアプローチの仕方は千差万別です。それが自分とマッチしているのかをまずはしっかりと確認しましょう。

中途採用者や新卒者とは違い、ある程度の社会経験をしてきています。NPO法人がそういった人材を採用する際、やはり気になるのは待遇面についての不安というものでしょう。いくら頑張ってもそれが自分の利益にそのままに跳ね返ってくることがない。経済的な幸福を求めないとは口で言っても、現実は生活をしていかなければならないわけで、結局最後は利益追求を求めるのではないかということ。

人間性をアピールすることや、何を貢献していきたいと考えているのかという高い志をアピールすることが、NPO法人で中途採用枠を勝ち取るための方法なのです。基本的には、誰かが離職をしない限り、中途採用枠が空くことはありませんから、新しい情報をいち早く手に入れることも重要になってきます。こういったことを加味すると、情報収集力の高いリクルートやDODAといった転職エージェントを利用するのが一番良い選択だと言えるでしょう。

稀少と言われるNPO法人の求人を転職サイトで探そう!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア
リクルートエージェント 無料 全国





Copyright (C) 2014-2019 NPO法人求人ガイド【※好条件で採用される秘訣】 All Rights Reserved.