NPO法人の面接のコツ

NPO法人求人 >> NPO法人の求人探し >> NPO法人の面接のコツ

NPO法人の面接のコツ

NPO法人に転職を成功させるためには、他の民間企業同様に、面接対策を講じておくことが何よりも重要なのです。面接対策は民間企業と基本的には一緒です。面接で主に聞かれることは、3つだとされています。転職理由と志望動機、そして自己PRといったものは、どんな民間企業でもNPO法人でもまず聞かれる質問だとされていますから、事前に対策を講じておき、しっかりと準備をしておくことが、NPO法人に転職を成功させるためのコツなのです。

それぞれの質問は、直接的な尋ね方をすることはほとんどありません。質問のニュアンスを変えて違った質問をしているように見せかけながら、実は同じ意図の質問をするというのが、一般的な面接の質問スタイルです。これは転職希望者の嘘を見抜くためのもの。質問をいくつも用意していて、実は主要な3つの質問ばかりを聞くのはこのためなのです。それぞれの質問に対して矛盾が生じれば、嘘をついていると判断されることになります。

他にも履歴書や職務経歴書の内容を面接においてより深く知るために行うものなのです。一次面接ではグループ面接を行うことが多いのです。ここで一緒に受けている希望者の話も聞かず、自分のことばかりをアピールしようとする人間が、協調性があるだという自己PRを行なっているとか、他人や社会のために役立ちたいという志望動機を記述していたらどうでしょうか。説得力がまるでないと判断されることになるでしょう。

しっかりとそこに一本筋が通っていなければならないのです。少しでも矛盾を感じさせてしまうと、本人の言葉や考えではなく、就職面接用のマニュアルを用いたものだというのが、簡単に発覚してしまうのです。他にも、頑張りたいとか興味がある、好きといった感情をアピールするのではなく、自分が入職することで、何が出来るのかを提示することが重要なのです。非営利団体とは言うものの、成果をあげることが出来ない人材は求められませんからね。

基本中の基本である所作についてももう一度チェックしておきましょう。お辞儀をしながら言葉を言っていないか。歩き方や姿勢は正しいかどうか。目線や手の位置はどこに置くのかなどなど。このような動作の基本は確実にチェックしておきましょう。トータルの面接対策は、多くの転職実績があるリクルートエージェントなどの転職エージェントを利用することをオススメします。業種や業界、企業別の面接対策を講じてくれますから、非常に役立つはずです。

稀少と言われるNPO法人の求人を転職サイトで探そう!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア
リクルートエージェント 無料 全国





Copyright (C) 2014-2019 NPO法人求人ガイド【※好条件で採用される秘訣】 All Rights Reserved.