NPO法人の業種分類

NPO法人求人 >> NPO法人の求人探し >> NPO法人の業種分類

NPO法人の業種分類

NPO法人と一口で言っても、その業種は様々なのです。業種という言い方は正確ではないかもしれませんね。基本的には非営利団体であるため、業種というよりも、非営利活動の種類といった方が正しいでしょうか。まずは法定で定められている特定非営利活動とはどういったことを指すのかを覚えておきましょう。これに従っていない限り、NPO法を違反することになり、NPO法人としては認められないことになりますからね。

保険や医療、福祉などの増進を図ることが出来る活動。社会教育の推進を図ることが出来る活動。その他にもまちづくり、観光振興、農山漁村、山間地域の振興。文化や芸術、学術の振興。環境保全、災害救援、地域安全などの活動。国際協力や人権擁護、平和維持活動。男女共同社会の形成。子供の健全育成、情報化社会の発展、科学技術の振興、経済活動の活性化、職業能力の開発・援助、消費者保護などが挙げられます。こういったことに興味や関心がある方であったり、アイデアを持っている方であれば、NPO法人への転職は有利になることでしょう。

一見してまったく関係がないような職種や業界で働いていたとしても、そのスキルや知識を活かして仕事をすることは、十分に可能です。要は発想の転換になりますから、転職エージェントなどに可能性の有無を質問してみるとよいでしょう。それまでの職種や業界でどういったことをヒアリングして、NPO法人の転職に活かせるのかどうかを判断してくれることでしょう。

前述に記したものは、NPO法で定められている特定非営利活動の種類になります。では、実際にどういったジャンルのNPO法人が多いのかというと、現在では高齢化社会の問題もリンクしているため、保険や医療、福祉といったジャンルのNPO法人が多く存在しています。看護師や医師、薬剤師、保健師、保険の営業や、介護士の経験、医療事務など、医療や保健関連の職業の経験があれば、それまでのスキルを活かして仕事をすることが可能でしょう。

次いで社会教育のジャンル、援助などのジャンルに関してのNPO法人がトップ3になります。一番多い医療・介護系の仕事の他にも、少子化の問題があるため、子供の健全育成に関してのNPO法人も非常に多くなっている傾向が見られています。このようにジャンルによって求人の多さが違ってきますし、結果として転職成功の確率も変わってきます。職種はもちろん、労働時間や所得金額なども併せてしっかりとチェックしておきましょう。

稀少と言われるNPO法人の求人を転職サイトで探そう!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア
リクルートエージェント 無料 全国





Copyright (C) 2014-2019 NPO法人求人ガイド【※好条件で採用される秘訣】 All Rights Reserved.