NPO法人のボーナス

NPO法人求人 >> NPO法人の求人探し >> NPO法人のボーナス

NPO法人のボーナス

NPO法人は非営利活動を行っている団体ですが、人件費としての給料は出ます。では、ボーナスはどうでしょうか。ボーナスの有無についてですが、支給はされます。しかしNPO法人は”利益の再配分に該当する決算賞与は認められていない”ため、それ以上のボーナスを受け取ることはできません。

基本的に、NPO法人ではボーナスの支給は自由です。そのため、必ずしもボーナスを支払わなければいけないわけではありません。ただし、就業規則にボーナス支給と定められていた場合は必ず支給が必要になりますから、就職や転職を考えている方は事前に確認しておくと安心です。

ボーナスの支給方法についてですが、大きく4つの方法に分けられます。1.給与連動方式、2.定額方式、3.個別設定方式、4.利益配分方式です。NPO法人では1と2が支給方法になります。1は月給に対し支給率をかけるのが特徴になります。日本ではもっともポピュラーな支給方法ですので、NPO法人以外の一般企業でも取り入れられています。支給率は月数とすることが多く、たとえば1.0カ月程度だった場合は基本給10万円程度で、1.0カ月分の10万円がボーナスになります。2は、役職が複雑に分けられていない場合に適用されることが多いでしょう。たとえば、管理職一律○万円、一般職一律○万円というような方法でボーナスを支給します。この方法は、NPO法人にとって予算的にも適していると言われています。

NPO法人は法人によって給料や年収、ボーナスなどが異なります。そのため、必ずしもすべての団体が同じ金額の給料やボーナスを受け取れるわけではありません。また、NPO法人はお金設けの団体ではありません。先にも述べたように”非営利”ですから、給料やボーナスが低いことは前提で考えるべきです。もちろん不当に高い給料は良くありませんが、社会貢献を目的としてミッションを達成することを目的とするのであれば、”給料が安い””ボーナスに満足できない”とはいえないでしょう。とはいえ、10年程前に比べるとNPO法人と一般企業の賃金差は改善していると言われています。決して高額ではありませんが、極端に給料水準が低いということは改善されてきているようです。

ちなみに、NPO法人でもクロスフィールズは年収が400万円以上がほとんど。国税庁に認定された認定NPO法人は450万円以上という情報も入っています。ボーナスもしっかり受け取ることができるでしょう。

稀少と言われるNPO法人の求人を転職サイトで探そう!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア
リクルートエージェント 無料 全国





Copyright (C) 2014-2019 NPO法人求人ガイド【※好条件で採用される秘訣】 All Rights Reserved.