NPO法人求人ガイド【※好条件で採用される秘訣】

NPO法人の求人を「無料の転職サイト」で探そう!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア
リクルートエージェント 無料 全国
【当サイトがお勧めするポイント】
NPO法人の絶対数が少ないエリアでも、求人の保有数が違うから求人が見つけやすい。
大手の情報収集力は抜群!NPO求人採用ポイントになる理念や活動状況などの情報も網羅。
■待遇面があまり期待出来ないNPO求人の中でも、高待遇な求人が豊富に揃っている。
■専任のキャリコンサルタントがそれぞれのNPO法人への適性や必要な知識をしっかりと指導。
エリア別の転職市場の動向や、NPO法人の募集が豊富な時期なども詳しく説明。
■転職支援の大手だからこそ、NPO法人からの信頼度が違う!市場に出ない非公開求人が魅力。
■求人規模はもちろん紹介実績は国内トップクラスだから入職が難しいエリアでは心強い。
海外転職にも強いエージェントなため、国際舞台でNPO活動を行いたい方にオススメ。


マイナビエージェント 無料 全国
【当サイトがお勧めするポイント】
業界トップクラスの求人数を誇り、NPO求人の募集スタイルが多い非公開求人数も豊富。
■近年NPO法人求人で多いIT関連職が豊富なため、NPO法人への転職確率が高いエージェント。
■NPO法人での経験が未経験でも、新卒者や第二新卒の転職実績が高いエージェントだから安心。
■特に首都圏や関西エリアでの転職実績が高くこのエリアでのNPO法人ならオススメ。
特に若い年代の利用者が多く、まだNPO法人での実績がない方でも転職成功が実現出来る。
書類審査率が高いことから、志望理由を重要視するNPO法人の求人には強い傾向が見られる。
■民間企業はもちろん、NPO法人からの認知度も高く、人材募集を依頼されていることが多い。
転職サポート力は業界NO1、コンサルタントに当たり外れがないエージェントとして有名。


DODAエージェントサービス 無料 全国
【当サイトがお勧めするポイント】
とにかく情報量が豊富¥。NPO法人への採用は情報量が全てだから入職確率が高い。
看護職専門のエージェントも運営しているため、医療・福祉関連のNPO法人求人が豊富。
■電話相談サービスなども充実しているため、NPOについてのちょっとした疑問でも解決してくれる。
■特に関東圏や関西圏のNPO法人求人に強いため、このエリアでのNPO求人をお探しの方にオススメ。
求人数が豊富に揃っており良質な求人だけを保有している。後悔のないNPO法人と巡り会える。
逆指名制度を採用しているから、働きたいNPO法人が決定している方にはオススメ。
■転職業界の最大手とも呼ばれ、実績・売上ともにリクルートと双璧をなしているエージェント。
■IT系やクリエイター職の転職に強い傾向があり、NPO法人のこの手の職種ならオススメ。


type転職エージェント 無料 全国
【当サイトがお勧めするポイント】
年収アップ率が71パーセントと高く、薄給とされるNPO求人でも例外なくアップが見込める。
■求職者とNPO法人の双方へのサービスが徹底している。求人が集まり求職者も多く利用している。
転職支援サービスの質が高いと評判で、NPO法人入職後のアフターフォローも充実。
NPO法人へ実際に足を運んでいるからこそ、現場の詳細な情報を入手することが可能。
■関東エリアの転職サポートが特に強く、首都圏や神奈川エリアでのNPO法人転職ならオススメ。
■転職希望者の年齢や性別などを考慮してキャリアコンサルタントを決定してくれる。
■他の転職エージェントでは受けることが出来ないほどの手厚いサポートがウリの転職エージェント。
求人の絶対数ではなく、求人の質がウリなため、求職者が満足出来るNPO法人が見つけられる。


NPO法人への転職方法は?

NPO法人という名称は聞いたことがあるものの、一体どういったものなのかを知らない方は多いことでしょう。NPO法人とは、NPO法という法律に則って、都道府県や指定としなどの認定を受けて設立された法人のことを言います。NPO法は、特定非営利活動促進法という正式名称があり、その名の通り利益というものを増進に寄与するといったことが前提となっています。簡単にいえば、社会一般の利益のために活動をしていくことが前提になるのです。

特定非営利活動法人というのがNPO法人の正式名称なのですが、この特定といった名称が一番最初についているのは、国が定めている活動分野が20種類に特定されているためなのです。ですから、どんなジャンルの活動でもNPO法人の認可を受けることは出来ないということを意味しているのです。近年では、社会の貢献度が高いということもあり、NPO法人へと転職を希望している方が増加しているのです。一般的な企業とは違い、NPO法人にはどうやって転職したらいいのかがわからない方が多く見られます。

まずNPO自体は、小さな規模で特定のエリアでの活動をしているボランティア集団のようなものから、法人格を有している団体まで非常に多岐にわたるということなのです。現在、国内でNPO法人として活動している団体は、4万を超えるとも言われており、求人の絶対数を考えると十分な転職先と言えるでしょう。個人レベルの転職活動でも十分に求人自体は探すことが可能でしょう。

ただしNPO法人は非営利目的で活動をしているということです。それは利益追求を目的としていないということですから、活動するために必要なコストは寄付金だったり、事業といったものからまかなっています。人件費という形で給与は発生しますが、一般企業のように、業績や成果を上げたから、給与やボーナスが増額するといったことは期待出来ません。また、人件費というものが決まっていることから、ある程度の受け入れられる人員も決まっているということになるのです。

こうやってみた場合、NPO法人の数は多いものの、実際の募集枠は限られてくることになるため、それ相応の転職活動を行なっていかないと、採用される確率は少ないといえるのです。非常に多くの分野のNPO法人が存在していますから、リクルートエージェントやマイナビエージェント。DODAといったメジャーな転職エージェントを利用して、転職活動を行なっていきましょう。給与を貰えるNPO法人は全体の50パーセント程度になっている状況なのですから。


Copyright (C) 2014-2018 NPO法人求人ガイド【※好条件で採用される秘訣】 All Rights Reserved.